さらしなの里友の会だより31号をアップ!

 31号のトップページは、さらしなの里縄文まつりに初めて参加した更級小学校1年生たち。縄文服をそれぞれの感性でデザインして描き、冠着山(かむりきやま、別名・姨捨山)をバックに記念撮影しました。2ページは、俳句や和歌の碑がいくつもある羽尾の郷嶺山(ごうれいやま)の紹介記事、3ページには古代の東山道(とうさんどう)が通っていたとされる古峠越えの古道を復元した報告記事があります。旧更級郡域をはじめ、冠着山のすそ野に広がる全域を「さらしなの里」と呼んで、地域をもっと魅力的にしていこうという「さらしなプロジェク」が始まることも、4ページで紹介しています。画像をクリックすると、PDFが現れ、印刷できます。友の会だより31samuneiru